Profileプロフィール

PROFILE

コトリンゴ コトリンゴ

1978年生まれ。
5歳よりピアノを始め、7歳で初めての作曲をする。
1999年、神戸の甲陽音楽院を卒業後、ボストンのバークリー音楽院に留学。ジャズ作・編曲/ピアノパフォーマンス科専攻。在学中には教会でのクワイヤのレギュラーピアニストや、バークリーのヴォイス科のピアノ伴奏の仕事も務めながら、数々の賞を受賞。学位を取得後NYへ移り、様々なギグに参加。 2005年秋より自宅での曲作り/デモテープ作りを始める。
2006年3月、坂本龍一がナビゲーターを務めるJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」のオーディションコーナーにて、のちに2ndシングルとなる『にちよ待ち』がオンエアされ、 坂本龍一プロデュース「ロハスクラシックコンサート」にも出演。

2006年11月「月桂冠・つき」のCMソングとなり話題になった『こんにちは またあした』でデビュー。
2007年6月、1stアルバム『songs in the birdcage』を発売。
2008年1月、ミスタードーナツのCMで好評だった「ふわふわsong」を含む、ミニアルバム『nemurugirl』を発売。
9月、初のセルフプロデュースとなる2ndアルバム『Sweet Nest』を発売。
収録曲の「デイジー」「ふれたら」はクラムボンのミトによるサウンドプロデュース、「ふれたら」の歌詞はおはた雄一によるもの。また「to stanford」はデビュー前からあたためていた楽曲で坂本龍一が絶賛、翌年3月に発売された坂本龍一のアルバム「out of noise」でもカバーされた。
同年9月、AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BANDのアルバム「WORLD CLASS」(rhythm zone)に「What Does That Look Like ~ feat.コトリンゴ」で参加、さらにYMCK & DE DE MOUSEのアルバム「DOWN TOWN」(avex)に「メトロポリタン美術館(DE DE MOUSE)」で参加。
11月、コンピレーション「旅と音楽と、」(333DISCS)でユーミンの「ひこうき雲」をカバー。

2009年3月、バート・バカラックカバー集「雪と花の子守唄 ~バカラック・ララバイ集~」(LD&K)で「The April Fools」をカバー。

6月、ともさかりえのアルバム「トリドリ」にピアノで1曲参加。
8月、ニンテンドーDS「ぷよぷよ7」のCMソングとして書き下ろした「ぷよぷよのうた」を配信限定でリリース。

夏にはWORLD HAPPINESS 2009、SUMMERSONIC 2009に出演。
9月、3rdアルバム『trick & tweet』発売。「友達になれるかな」「last song」を會田茂一がサウンドプロデュース、「友達になれるかな」の歌詞は安藤裕子に、また「でたらめサンバ」をSAKEROCKが演奏、「ふたり」は おおはた雄一とのデュオで録音。「ame」はフジテレビのアニメーション企画「恋時雨」に、「こどものせかい」は映画「マイマイ新子と千年の魔法」にぞれぞれ書き下ろした。

同年9月、FreeTEMPOのカバーアルバム「COVERS」に「Stars」で参加。南波志帆のミニアルバム「君に届くかな、私。」に「クラスメイト」を楽曲提供。
10月、高野寛のアルバム「Rainbow Magic」にピアノで2曲参加。
11月、大橋トリオのアルバム「I Got Rhythm~」にストリングスアレンジで参加。

11月28日、初となるバンドでの単独公演を代官山UNITにて行った。

12月、YOSHIKAのアルバム「REDWOOD TREE」にピアノで1曲参加。

2010年1月、dorlisのアルバム「swingin'street 4」にピアノとコーラスで参加。
2010年4月~6月大橋トリオのツアーにピアノで参加。
2010年6月、再び南波志帆のアルバム「ごめんね、私。」に「会いたい、会いたくない」を楽曲提供。

9月22日、初のカバーアルバムとなる『picnic album 1』を発売、フリッパーズ・ギターの「恋とマシンガン」、スピッツの「渚」など全8曲をコトリンゴワールドでカバーした。
同年9月公開の映画「BECK」の映画音楽に参加。

2010年12月、全国東宝系にて公開の映画予定の「くまのがっこう~ジャッキーとケイティ」(12月18日公開)の映画音楽全般を手掛ける。主題歌 「falalafala」、主人公のくま"ジャッキー"とコトリンゴがいっしょに歌うイメージ・ソング「くまのこジャッキーのうた」を書き下ろしたほか、映画の語りも担当。

2011年1月19日、『picnic album 1』に続き、『picnic album 2』を発売。前者の邦楽カバーとは異なり、洋楽カバー。The Bugglesの「Video Killed the Radio Star」やBjorkの「Hyperballad」など全8曲を収録。
同日発売のLITTLE CREATURESのデビュー20周年を記念して発売されたカバーアルバム「Re: TTLE CREATURES」に「HE PASSED DEEPLY」にtoe feat.コトリンゴとして参加。

同年4月に行われた権藤知彦主催のフェスティバル・道との遭遇より、ソロでのライブ活動と平行し、ベースに村田シゲ(□□□、Cubismo Graphico Five、Circle Darko)、ドラムに神谷洵平(赤い靴)を迎え、スリーピースバンド編成でのライブ活動を開始。

4月、アリスン・マギー原作の絵本「ちいさなあなたへ」のDVDアニメ化に伴い、そのテーマ曲を書き下ろす。
SAMSUNG GALAXY S Ⅱ SPACE BALLOON PROJECTに「Dance」という曲を提供。GALAXY MUSICIANSとして□□□やOpen Reel Ensembleの楽曲とともにiTunes限定で配信中。

6月、豊崎愛生の1st アルバム「love your life, love my life」に「march」という楽曲を提供。
7月、南波志帆の1st アルバム「水色ジェネレーション」に「みっつの涙」、「ふたりのけんか」という2曲を提供。

夏には、7月にFUJI ROCK FESTIVAL、8月にWORLD HAPPINESS、SWEET LOVE SHOWER、11月にはカフェ"ミュージックフェスティバルなど数々の音楽フェスティバルに出演。

2012年、豊崎愛生さんのシングル「music」にピアノで参加。

3月14日、村田シゲと神谷洵平とのスリーピースバンドで録音したミニアルバム『La mémoire de mon bandwagon』を発売。 Panasonic VIERA - Experience the Smart VIERA Worldのプロモーション映像テーマソング「Today is yours」の他、それまでのライブで温めてきた4曲を収録。
この発売を記念して、3月17日には、SHIBUYA duo Music Exchangeにてワンマンライブを開催する。
4月7日には、「La mémoire de mon bandwagon LIVE part2」と銘打ち、500円ライブを青山SPIRAL HALL Foyerで開催。

卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライターとして各方面から注目を浴びている。

Kotoringo 「Kotori= bird」+「Ringo= apple」

The name “Kotoringo” is a combination of sounds taken from the Japanese words for small birds (kotori) and apple (ringo).

The name comes from the fact that Kotoringo had always kept a pet bird since childhood, and because she used to eat an apple every day. The computer she uses in composing music is also an Apple.

Kotoringo was born in Osaka on July 17, 1978. Later Kotoringo moved to Fukuoka, and then to Nagoya, both in Japan. Kotoringo started playing the piano at age five, and began composing music at age seven.

After graduating from high school, Kotoringo entered the Koyo Music School in Kobe, Japan. In 1999, she was accepted by the Berklee College of Music, where she majored in Jazz composition, arrangement and piano.

At Berklee, Kotoringo received numerous awards, including the piano department's Achievement Award. During this time, she took part in the recording of the album, “Finder’s Keepers” with the Contemporary Jazz Big Band led by Michael McAllister, a classmate, accomplished guitar player, and recipient of numerous awards, including the The ASCAP Foundation Young Composer Award. Kotoringo performed for three years as an accompanist for the voice department at Berkelee and as a pianist for a church in Boston.

After receiving her degree in 2003, she moved to New York and spent a year performing at Detour, Garage, Kaveha’s, and St. Nicks.

In the fall of 2005, Kotoringo began to make music compositions and demo tapes at home. The following March, a composition she sent to Ryuichi Sakamoto’s "Radio Sakamoto" Audition Corner (broadcast on J-WAVE, a Tokyo-based FM station covering the Kanto Region) caught Sakamoto’s attention. Later, a second single she submitted to the program, “Nichiyo Machi” (Waiting for Sunday), was broadcast on air. These events lead to her participation in the LOHAS Classical Concert in Kyoto produced by Ryuichi Sakamoto in June, 2006.

In November of the same year, she made her debut with the release of her first single, the Ryuichi Sakamoto produced “Konnichiwa, Mata Ashita” (Hello, See You Again Tomorrow), a tie-in song for the Gekkeikan company's “Tsuki” commercial. Sakamoto was impressed by the multitude of Kotoringos’ talents: the originality of composition, the superb performance on piano, her pure and virginal singing voice crossed with the sounds of electronica, all combined to give the effect of visual imagery coming to life from actual pages of a musical score…just like looking at a picture book.